スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夜の燃料棒☆彡

え、突然どうしたって?
実はさっきまで映画の「チャイナ・シンドローム」観てたの
ママがザッピングしてたらやってたからつい見入ってしまったわ
久々にオススメの映画ですわ
一言で評価するとあっという間の2時間
ネタバレになるから詳しくは書かないけどすげーシンプルでわかりやすかった
テンポも良いし気楽にハラハラできるところは良くも悪くもアメリカ映画
まぁ一番印象に残ったのは反原発の活動家たちが公聴会で子供をダシにして主張してたところだけどね
左翼ってどこの国でも一緒なんだなwwwwwwwってリアルに思った
あと最近観たのは「岳」の映画ね
寒くて山行く気になれないし最近もっぱらエア登山ばっかりだから最新作料金だったけど借りて来ちゃったYO
結論から言うと、先に漫画読んだらあかんwwwwwwwww
やはり虹>>>超えられない壁>>>三次
てかナオタが一番違和感なかったってどういうことwwwww
内容はともかく山の映像は良かったって意見よく見るけど期待して見ちゃったから・・・
原作はそうでもないんだけど映画版だと全編クミちゃんのイニシエーションストーリーって感じ
とにかくリア充くせーんだよゲロ以下のにおいがプンプンするぜ!
あとこないだ観て印象に残ってるのが「ひまわり」
wikiによると
『ひまわり』(I Girasoli)は、マルチェロ・マストロヤンニとソフィア・ローレンが主演した反戦映画の傑作。日本での公開は1970年9月。
ということですが僕が思うに反戦映画と呼ぶのはどうかと
むしろこの映画での戦争というのは男女の間の埋められない溝を現してしまっただけのキッカケに過ぎないと思うんですよ
加持君が言ってたあのセリフ
「彼女とははるか彼方の女と書くry」ってやつ
これが「ひまわり」の全てでつ
これもテレビつけっぱなしにしてたら始まったから見始めたんだけどソフィアローレンの美しさハァハァで結局全編観てしまった
あとからソフィアローレンの画像ググったら現在のが出てきて泣いた
時の流れって残酷ね・・・
昨日化粧落としてたら片目の下瞼が突然痙攣し始めてビビって母に言ったら
「よくあること、ババアおつ」みたいに言われたしにたい
スポンサーサイト

テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記

  1. 2011/12/06(火) 00:51:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<うぇええええええ | ホーム | ご冥福状態!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gesumedo.blog109.fc2.com/tb.php/259-7719df18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。